移り行くインターネットの世界

ISDNが当たり前の時代から光ファイバーといったネット回線の普及が進み、日本でもインターネットがもはや当たり前の時代となってきました。
設備や環境が整った事により、PCでのインターネットは当たり前、モバイルや携帯電話からもインターネットが出来るようになりました。
そろそろ、日本国民の70%ぐらいがインターネット利用者になっている事と思われます。

このようにインターネットが当たり前になった事で、利用者と共にサイトの数も爆発的に増えてきており、目的のサイトを検索する時には、数億のサイトから探し出してこなければならなくなってきています。
GoogleやYahoo!といったサイトをご利用した事があるかと思いますが、その検索するときに打ち込むキーワードが無ければ、目的のサイトを探し出す事は不可能なのではないでしょうか?
ここ最近のインターネットの世界では、この検索してくれるシステムとキーワードに着目したサイト作りが注目されてきています。

サイトを立ち上げたらSEO対策を!

昔に比べ、日記サイトや個人の商品販売のサイト等をインターネット上に公開するといったことも、昔に比べ簡単に出来るようになりました。

しかし、先ほども軽く説明しましたが、インターネット上のサイトの数が膨大に増えているため、検索してもなかなか自分のサイトが検索されないと言った事が起こります。
これを改善しようと、検索システム(以降、検索エンジンと呼ぶ事にします)に検索されやすいように自分のサイトを施工する技術が出てきました。

SEOと呼ばれるものですが、この対策を行う必要性が出てきています。


 

↑TOPへ