メタ型検索エンジン

検索エンジンの中には、メタ型検索エンジンというものも存在しています。

メタ型検索エンジンは総合型メタ検索エンジンと非総合型メタ検索エンジンに分かれており、非総合型メタ検索エンジンは、検索エンジンリンク集のようなものです。

総合型のメタ型検索エンジンは、検索ロボットであるクローラーやディレクトリといったものを一切持っていなかったりします。このような状態でどのようにして検索結果を表示させているかと言いますと、このメタ型検索エンジンというものは、複数の検索エンジンを走らせ、その結果を表示する検索エンジンだからです。これだけだと聞いてもどういうことなのか、理解に苦しみますよね?他の検索エンジンである、ロボット型検索エンジンでの検索結果と、ディレクトリ検索エンジンの検索結果に、何らかのアルゴリズムを加えたものを検索結果として表示しているというわけです。要するに、メタ型検索エンジンは他のいくつかの検索エンジンの検索結果を利用して検索結果を表示しているのです。

総合型のメタ型検索エンジンの問題点

複数の検索エンジンを走らせての検索結果なら便利なのでは?と思う方も案外多いのではないでしょうか?確かに、メタ型検索エンジンで引っかからないサイトは無いとまでいわれています。しかし、このメタ型の検索エンジンというものは、他社の検索エンジンが収集したデータを利用する形で成り立っているわけですから、自分たちの検索エンジンが集めたデータを利用されるのを嫌う検索エンジンもあるわけです。世界最大手のGoogleの検索エンジンは、このメタ型検索エンジンでの利用を禁止しています。しかし、Googleの検索エンジンは、検索エンジンの中でも最上位の性能なので、このGoogleの検索エンジンが使えないとメタ型の検索エンジンの結果に多大な影響が出ます。そこで直接Googleの検索エンジンを使用するのではなく、Googleが提供してる検索エンジンを使用している他の企業の検索エンジンを使用している状態なので、どこかでこれが大問題になるのでは?と心配されているようです。


 

↑TOPへ