ロボット型検索エンジン

検索エンジンのタイプのひとつである、ロボット型検索エンジンの特徴をみていきましょう。

ロボット型検索エンジンの特徴として、クローラーと呼ばれるプログラムがWEB上を巡回し、サイトの情報データを収集します。この集めた情報データIndexを作成し、検索サービスを行う形となっています。

WEB検索に使われるロボット型検索エンジンを使用している企業に、Yahoo!の「YST」と「Google」を使用するグループと独自のエンジンを持つ「msn」や「百 度」などがあります。
ロボット型検索エンジンはユーザーが入力したキーワードに対し、いかに良い品質の検索結果および順位を表示するかということが課題となっているようです。そのため、検索結果の向上やSEO防止対策の為にアルゴリズムの変更が頻繁に行われています。それでも核となる部分は変わらない為に、このアルゴリズムを分析することによって、ある程度対策を立てることが可能となります。SEO対策というのは、本来はこのロボット型検索エンジンに対しての言葉なのです。

ロボット型検索エンジンの評価対象

ロボット型検索エンジンは、サイト単位ではなく、ページの一つ一つを評価します。その為、ロボット型検索エンジンにより検索されやすくするには、トップページだけでなく、ページ全部に対して最適化を施す必要が出てきます。


 

↑TOPへ