アンカーテキスト

SEO情報満載のSEO Reference といったアンカーテキストによるリンクは、記述サイト内もちろん、リンク先にも強い影響力を持ちます。

アンカーテキストの影響力の説明として一番分かりやすいのが、18歳未満というキーワードを検索した場合、何故かYahoo!Japanのページが出るという事実です。アダルトサイトの入り口の年齢認証で、18歳未満というアンカーテキストのリンク先に何故かYahoo!のトップページへのリンクが多く使われています。

その結果、Yahoo!のページには18歳未満と言うキーワードは無いのに、検索結果として表示されてしまうといったことが起きているわけです。リンク数が多いというのも勿論原因のひとつではありますが、それ以上にアンカーテキストの影響力が働いていると言えるでしょう。

アンカーテキストの最適化方法

アンカーテキスト対策をしやすいリンクのひとつに、トップページへのリンクを最適化してやる方法があります。メニューのトップページへのリンク等に使用しているサイトが多いと思います。

TOPページへ Home

といったようなテキストでリンクされているものを、

SEO Referenceのトップページ SEO Reference Home

のように変えてやるという方法です。


次に最適化を施しやすいのが、当サイトというテキストで張られているリンクによるものです。
当サイトお問い合わせ 当サイトのサイトマップ といったものですね。

SEO Referenceお問い合わせ SEO Referenceサイトマップ といったように、サイト名をしっかりと入れてあげましょう。


 

↑TOPへ