SEO対策の為に、Hタグを理解する

お手軽に出来るSEO対策として、Hタグの正しい使い方というものがあります。

SEO対策の基本となるHタグですが、Hタグの意味がわからないと正しく使う事は不可能ですから、まずはその意味を理解するところから始めてみましょう。

Hタグの意味

HタグとはHeadingの略で意味は「見出し・小見出し」となります。

基本的にHタグには、1〜6までの数字が振られており、H1が1番大きな見出しになります。Hタグの使い方は、h1がサイトやページの大見出しとなり、h2が見出し、h3が小見出しといったようになるわけです。

hタグの使い方と注意点

実際にHタグを使ってみると分かりますが、文字の大きさが結構ネックになってきます。そこで文字の大きさを変更する事になると思うのですが、SEO的には属性定義をしてしまうと効果が落ちるといわれております。

<h1 font size="-4">SEO対策</h1> ←このような表記だと効果ダウン

出来るだけHタグは<h1></h1>のように、そのままでの表記が好ましいので、タイトルに設定してしまうか、CSSによるClass定義で装飾をするようにしましょう。

Hタグの注意点として、1ページ内での使用回数というものがあります。1ページ内にh1タグは1回までという決まりが定められているのです。意味的には大見出しが1ページ内にいくつもあるのはおかしいと言う事からだと思います。h2〜h6の使用回数に制限はかかっていませんが、これも見出し的な意味で考えると、h2は2回、h3は3回までといったタグの数字=使用回数という認識を持つほうが良いと思われます。

Hタグにはもうひとつ注意点がありまして、h1〜h6の順に使用するという決まりがあります。h1が無いのにh2を使用したり、h3使用後にh2を使うと言うのは駄目駄目ということです。サイトの見出しの重要な順にしっかりと使用してSEO対策を掛けて下さい。


 

↑TOPへ