SEO対策的にフレームの使用を避ける

更新が非常に楽と言う理由で、実際にフレームを使用したサイトをもっていました。ただし、SEOをはじめ最終的にフレームを使用したサイトは、デメリットの方が圧倒的に多かった為、現在は普通の1ページで表示するサイトに変更しております。

フレーム使用の最大のデメリット

結論から申しますとフレームの致命的なデメリットは、検索エンジンのロボットにクローリングされないというものです。

実際にフレームページを使用しているサイトをお持ちの方は、ソースコードを表示させてみるほうが手っ取り早いかもしれません。ソースコードをぱっと見て読み取れるものは、METAのキーワードとディスクリプションの内容と、メニューの内容、このページを表示するには、フレームをサポートしているブラウザが必要です。といった文章ぐらいだと思います。検索エンジンのロボットはソースコードを読み込んで巡回していきますので、リンク先のページから別のページへいけないとそこで終了してしまうという結果になると言うわけです。

検索エンジンで検索して、フレームサイトのメイン部分のページが引っかかる事もありますが、検索ロボットの場合だと、先ほどと同じ結果になりますし、ユーザーだった場合はメニューなどが表示されてない場合が殆どですので、どこに行く事も出来ずに、ブラウザの戻るで帰っていく結果になります。

同じようなデメリットとして、携帯端末やフレーム非対応のブラウザで検索してきた閲覧者に対する閲覧規制があります。せっかく検索されたとしてもこれでは何の意味も成さないでしょう…

あとは、正常に印刷が出来なかったり、目的のページのURLが表示されなかったりと、デメリットだらけでした。現在もフレームを使用したサイトを運営している管理者は、これを機会にSEO対策を掛けながら、是非ともフレームサイトを修正することをオススメします。


 

↑TOPへ