SEO対策で重要なサイトマップページ

サイトマップがSEO効果で重要なものであることをご存知でしょうか?サイトマップのページというのは、その名のとおり、サイトのコンテンツにどういったものがあるのか一目で見て分かる、といったようにサイトの趣旨を分かりやすくするものです。ユーザビリティの向上といった目的がサイトマップにはあります。

ユーザービリティ効果が高くなるというのはお分かりになられたと思いますが、SEO対策でサイトマップが重要といったのは、検索エンジンも同じように読み込んで、このサイトはどういったコンテンツを扱っているのか分かりやすくする効果があるからです。

サイト内でコンテンツ(ページ数)が増えれば増えるほど、サイト内を巡回するクローラーが全部のページを読み込まない可能性が出てきます。サイトのトップページからのコンテンツリンクの巡回といった形をクローラは取ると予想されますが、そのコンテンツのひとつにサイトマップがあり、そのページを巡回にこれば、サイトのコンテンツ先のページの巡回抜けを少しでも減らせるということです。こういった検索エンジンのクローラーの巡回抜けを少しでも減らす目的でもサイトマップページというのは重要な役割を持っているわけです。

サイトマップページでのリンクの数に注意

Googl側から提示されているコンテンツに関するガイドラインの決まりで、「1ページのリンクの数を適切な数に抑える」といったものがあります。数にすると100未満が好ましいとありますので。サイトマップのページでリンク数が100以上にならないようにする注意が必要になります。個人的なサイトだとそうそう100に達する事はありませんが、創作系のサイトや中堅クラスまで成長したサイトだと、100リンクという数は案外達しやすいですので、注意して下さい。

サイトマップの設置を!

ユーザビリティ効果のアップ!検索エンジンのクローラーの巡回コースの道しるべ!一石二鳥異常な効果は確実なので、是非ともサイトマップページの設置を行いましょう。


 

↑TOPへ