spamになる行為

SEO対策には、spamというものがあります。これはどういった行為かと言うと、サイトのページに何らかの仕掛けを施し、検索エンジンに検索結果で上位に表示されるようにする行為ですが、これだけ聞くと普通のSEO対策なんじゃ?と思われる方もいらっしゃると思います。

なにが違うのかと申しますと、サイトを上位に表示させるためだけに特化した、何でもありの行為なのです。もちろんこのような行為は、検索エンジン側が気づけばペナルティが与えられます。

spam行為のペナルティ

スパム行為と検索エンジンに認識されるとペナルティが与えられ、これ以降検索エンジンに検索されることはなくなります。他にはページランクのダウンといったペナルティもあるようです。

検索エンジンに対して最適化を行っていたはずが、その検索エンジンに嫌われてしまったら意味の無いものになってしまいます。

こちらにその意思がなくても、間違ったSEO対策をしてしまうと、spam行為とみなされるケースがありますので注意が必要です。どのような行為がspamになるか見ていきましょう。

隠しテキストによるspam

言葉どおりキーワードとなるテキストを隠す(見えなくする)事です。プロパティ指定をかけて物理的に見えなくする方法と、フォントに指定を掛けて視覚的に見えなくする方法があります。

リダイレクトによるspam

アクセスしてきたものを、自分が設定したページへ飛ばす行為を指します。普段はサイトの移転等で、元のサイトから移転サイトへ飛ばす目的で使われてたりします。検索エンジンだけを目的としたサイトへ飛ばす為に使用されている場合spam行為に該当します。

スパイダーがアクセスしてきた場合は最適化したページへ飛ばし、ユーザーがアクセスしてきた場合は普通のサイトを見せるといった、クローキングというシステムを利用したスパムもあります。このクローキングを利用した悪質なspam行為は、非常に重いペナルティが与えられると言われています。


 

↑TOPへ